プロトタイプも3Dプリンターを使えば安く済む!?

みなさん3Dプリンターをご存知でしょうか。
一昔は非常に高価な設備で、企業レベルでみてもなかなか導入が難しい技術でしたが、現在は安価なものであれば数万円程度で購入することができ、広く一般家庭でも購入することができるようになってきました。
産業への影響も大きく期待されている分野で、アメリカでは教育プログラムに3Dプリンターのカリキュラムが組まれているほどです。

従来の製品製造プロセスを振り返ると、プロトタイプ用の金型を作成・試行錯誤による微調整・製品用の金型を作成・製品を作成という流れが一般的でした。
しかし3Dプリンター技術の普及によりプロトタイプの製作に大きな変化が生まれ始めています。
従来ではプロトタイプを作成するたけでもコストがそれなりに発生し、よほど販売の道筋が見えている企画でなければ開発に踏み切ることができませんでした。
しかし3Dプリンターは樹脂を熱や紫外線を当てて形作ります。
製作に必要なものは専用の3D図面であり、特に金型を自社で作成する必要がありません。
そのためプロトタイプ製作の段階から自社の経費を削減し、繰り返し改善プロセスを踏んでも安価に仕上がり、最終的な販売価格を下げることも可能になります。

これらの3Dプリンター技術の普及に恩恵を受けるのは会社経営者だけではありません。
広く個人も利用できるサービスは充実して提供されており、個人のアイディアを簡単に具現化できる時代がすでに実現されています。
また、プロトタイプだけでなく製品そのものを3Dプリンターで作成して販売することもできます。
大量生産品などは金型を作って安価な材料で製作する方法のほうが利益は出ますが、少量・多種生産においては3Dプリンターで製作・販売する方法のほうが金型作成よりも経費を削減し、最終的な利益を出すことができます。

3Dプリンター技術は今後、幅広い分野への活用を見込まれています。
意外な分野では今後医療への活用も強く期待されています。
3Dプリントする素材は主に樹脂が中心ですが、専用の機材を用いることで人工筋肉などの医療分野に必要な素材を3Dプリントすることができます。
もちろん課題は多く存在し、実際に医療分野に活用するためにはシミュレーション技術の向上など様々な技術の向上が必須ではありますが、将来的には欠損した臓器や歯、重度の火傷の治療に使う人工皮膚など医学の分野でも発展性は大きく見込まれます。

現在多くの分野から注目を浴びている3Dプリンター技術を使って、個人や自社のアイディアをたやすく実現する環境を用意することで思わぬイノベーションや利益を生んでくれるかもしれません。